スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
竹筒
昨日、父が短い竹筒の炭を持ってきてくれました。
電話がかかってきて「今家に居るの?」「うん。」「じゃあ行くわ」といつも突然なので、
制作予定を変更しなければいけなくなったり… (あってないようなものですけどね。)
父が関わることで予定を立てるのは難しい。
それでも今回は23日から出展があると知っているので、私が取りに行けないと言ったら
何も言わずに持ってきてくれて。とてもありがたいことです。
でもね、大抵が出展2~3日前の午後から夕方頃に届けてくれるので、制作時間が足りなくて
ツライ(笑)。 せっかく持ってきてくれたのだから、出さないわけにはいかないしね。

            炭
                今回もちょこちょこ縦割れしてます。

うちでは、竹筒は全体にブラシをかけてススや炭の粉を払ったあと、布でさらに乾拭き。
木炭は切ったあと、ブラシをかけながら流水でジャバジャバ洗って、表面と中に入り込んでいる
ススや炭の粉などを取り除いて乾かします。
だから触っても手が黒くなりません。ちょっぴり付くかなぁってくらい。
で、この作業が制作の下準備なわけですが。
写真に写っている数を磨くのに5時間かかりました~。
今日の時間、ほとんどこの作業に取られて制作があまり出来なかった…;
竹筒は何も手を加えずにそのまま出品するものもあるのですけど、こうして手間をかけて
キレイにしているから、1つ1つに愛着が湧きます。

今回の竹炭の竹は、里山保全活動で入っている山生まれではなくて他所の竹なのだそう。
「こんなに細かく縦割れしたのは初めてや。番傘みたいやで。」と電話で前もって聞いていた
のですけれど…

    炭 うん、確かに。



* * * * *

そうそう、拍手ありがとうございますv 元気を頂きました。



関連記事
スポンサーサイト
月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://tukika9.blog99.fc2.com/tb.php/43-f53d071b
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。