スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
今期の作品のこと
そういえばちょっと前の記事で、
作品への想いはまた改めて書きます、とか呟いてましたね。
今期の炭の状況も書いたことだし、
その続きのような、そうでないような事を。

* * *

手持ちの木炭には、大きいサイズだと使えそうな物は無いし、
作品の在庫は無いしで、
先月参加させていただいた kokoano-hanaya さんのイベントでは、
出品物に悩んだ末、小さい木炭の飾りを出してみました。
小さい物を沢山並べても見た目どうなの?と思ったので、少しだけ。

じつは今までずっと、木炭に関しては、
小さい物を単品で出すのを敢えて避けてきたんです。
だって出展時に立ち寄ってくださった方の大半が、
炭って消臭効果があるのよねと仰るので、
その効果を期待されるなら、大きめのほうがいいじゃないですか。
(置く部屋の広さによるとはいえ、でもやっぱり足りないかな ^^;)
だけどNちゃん曰く、
大きい物は置く場所もそれなりに広くないといけないので、
手を出しにくいらしい。
小さいほうが、ちょこっと飾れてよいのだとか。
私自身、窓枠などの奥行きの狭い所に、
小さい物を並べるのが好きなので、
その意見には納得。
以前とある作家さんにも、
炭の効能は考えず、単に飾り物として作ってもいいのでは?
と言われたこともあったので、
それじゃあ、ちいさい炭の飾りとして出してみようということに。

結果としては受け入れていただけたみたいで、安心しました。
プリザーブドの中で使いたい物の1つが、割とお値段高めな為、
大きい木炭に付けるリースに使うのは避けていたのですが、
ミニミニリースなら、そんなに気兼ねしなくていいかな~と思ったり。
でもディスプレイに関しては、大きい木炭もあるほうが纏まりやすいので、
それが無い今期は、見せ方も大きな課題です。
あとは梱包方法ね…。



スポンサーサイト
月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
仕入れ
5月ですね。早い早い…
今年になって、まだほとんど何もできてないよ;;

* * *

今日は、作品に使用している炭に関する話を。

これまでは、里山保全活動の一環として作られている物を、
活動に参加している父を介して入手していました。
炭焼きもボランティアの皆さんがされているので、
携わっている方達がお忙しいと中々焼けないし、
窯は内壁が抉れていても修復はされていない状態だそうです。
その為焼き上がりが良くなくて、今期は屑炭しかないとのこと。
次の冬までに良い土が見つかれば、窯の修復ができるんやけどなぁと、
父はぼやいていましたが…。

そんな訳で先日、妙見山の近くの黒川へ炭を買いに行きました。
職業として炭焼きをされている方です。
父と一緒とはいえ、初めてのことで少しきんちょー。
ちなみに、能勢といえば池田炭が有名ですが、
職業として炭焼きをされている所は、もう3件しかないらしいですよ。
(と、父が言ってました。 私の記憶違いなどあったらごめんなさい!)

2015028
道路脇にヤギさんが夫婦(←たぶん)で居ました♪


倉庫には、枝はきれいに払われてまっすぐな、細めの木炭がたくさん。
そりゃそうだわ、お茶席用の炭が主らしい(?)ので、
姿・形に“味わい”を求めてもね(笑)。
手前に並んでいる物の中から選んで、6kgほど頂きました。
お忙しいところ突然お邪魔してしまって、申し訳なかったです。
大切に使わせていただきます。

ほんとたくさん作れるよ~。 頑張らなきゃ!


月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
2015年

     2015001


          本年もどうぞよろしくお願い致します。

                    月 華




月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
くる年

        月華03


          あけまして おめでとうございます
         今年もどうぞ よろしくお願いいたします

              *** 月 華 ***



月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
母の日用の作品
なんとか出来上がりました~。
大きさが大・中・小とあって、ちょうどよい“中”の容器が見つからなかったので、
結局作ることに。 (↓木箱です。)

   母の日華炭  母の日華炭

           母の日華炭

プリザーブドフラワーは、ちまちまゴチョゴチョしているお花なら、リースや炭の飾りに
使っているのですが、こんな大きな1輪のお花を使うのは初めて。
本をパラ見してみたところ、どうやら1輪を半分に割いたり、色々と加工をして使うことも
するらしいです。 ちょっと楽しそう…。
でもまぁ今回は初心者ということで、お花を固定する為にワイヤーを使うくらいで、
無難にそのまんま飾りにしてみました。
赤いのは、容器に対してお花が大きすぎるのでは?と思われる方もいらっしゃるかも。
でもお花が小さくなると、全体的にコンパクトに纏まってしまいそうだから、これはこれで
いいんじゃないかと思います。 カーネーションが主役です(笑)。

この作品は、Lin様で取り扱っていただきます。
気に入っていただけるといいなぁ。

 
月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
竹筒
昨日、父が短い竹筒の炭を持ってきてくれました。
電話がかかってきて「今家に居るの?」「うん。」「じゃあ行くわ」といつも突然なので、
制作予定を変更しなければいけなくなったり… (あってないようなものですけどね。)
父が関わることで予定を立てるのは難しい。
それでも今回は23日から出展があると知っているので、私が取りに行けないと言ったら
何も言わずに持ってきてくれて。とてもありがたいことです。
でもね、大抵が出展2~3日前の午後から夕方頃に届けてくれるので、制作時間が足りなくて
ツライ(笑)。 せっかく持ってきてくれたのだから、出さないわけにはいかないしね。

            炭
                今回もちょこちょこ縦割れしてます。

うちでは、竹筒は全体にブラシをかけてススや炭の粉を払ったあと、布でさらに乾拭き。
木炭は切ったあと、ブラシをかけながら流水でジャバジャバ洗って、表面と中に入り込んでいる
ススや炭の粉などを取り除いて乾かします。
だから触っても手が黒くなりません。ちょっぴり付くかなぁってくらい。
で、この作業が制作の下準備なわけですが。
写真に写っている数を磨くのに5時間かかりました~。
今日の時間、ほとんどこの作業に取られて制作があまり出来なかった…;
竹筒は何も手を加えずにそのまま出品するものもあるのですけど、こうして手間をかけて
キレイにしているから、1つ1つに愛着が湧きます。

今回の竹炭の竹は、里山保全活動で入っている山生まれではなくて他所の竹なのだそう。
「こんなに細かく縦割れしたのは初めてや。番傘みたいやで。」と電話で前もって聞いていた
のですけれど…

    炭 うん、確かに。



* * * * *

そうそう、拍手ありがとうございますv 元気を頂きました。



月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
“不甲斐無い”
先日、1つ歳が増えたnaちゃんからのメールに「自分の不甲斐無さが…」と書かれていて、
“不甲斐無い”ってダメっぷりを表す言葉だけれど、何故か興味を覚えて辞書を引いてみました。

   * ふがい-な・い 【腑甲斐無い・不甲斐無い】
    [形] 情けなくなるほど、だらしがないさま。意気地がない。
                       ( 明鏡国語辞典より)


改めて説明された文を読むと、なんだかとてもガックリきました。
私も十分に不甲斐無い人なんだろうなぁ。
でも出来れば意識したくない、というか気付きたくないというか認めたくないというか(笑)。
心底自覚してしまうと、自分が救いようのないダメ人間な気がしてへこたれそうです。
負けず嫌いなはずなのに。 


* * * * *

さて、酒心館展示会、迫ってきました。
期間は1週間と長いのですが、お店番に行くときに作品の追加ができるので有り難いです。
取り合えずは種類を増やしたいところ。


           炭・01
            小さい作品なので、ちいさな花びんと一緒に飾ったり、
            奥行きの狭いスペースなどに並べてやってくださいね*



月華 | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
ようこそ2010年

            月華02


                   明けまして おめでとうございます
                  今年もどうぞよろしくお願いいたします





月華 | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
月華の飾り炭
『月華』の作品のひとつに、炭の飾りがあります。

炭といえば“和”のイメージが強い・・・でしょうか。
私は和風も大好きなのですが、ここでは敢えてナチュラルな雰囲気に。
木の実やドライフラワー、プリザーブド・フラワーなどを合わせています。
気軽に炭のある暮しを楽しんでくださるといいな。

飾り01
                           (ロハスフェスタ出展応募用に撮った写真でした)

炭は里山保全活動の一環として作られたものを使用しています。
そちらの活動については、また後日改めて紹介しますね。

本当は炭についてのアレやコレについて書くほうがいいのですけど、
今は時間が無さ過ぎて・・・
これもまた後日に。 (といっても、たいしたことは書けない・・・ か・・な?)



「誕生日がくるのを待っている場合じゃないわっ」と1日にブログをスタートさせたのに、
おかしいな。 2つめの記事を書かないうちに、1つ歳をとってしまいまいた。ガックリ。
いえ、厳密に言うとまだです。 夕方に誕生したそうなので(笑)。
  (sakura-machi からプレゼントもらいました! わぁ~いvv
   あとで写真載せよう・・・)
月華 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
はじめまして。
10月ですね。
やっとやっと、ブログをスタートさせることが出来ました。

ここまで遅くなったら本当は、もうじきくる自分の誕生日から始めたかったような気もするけれど、
ロハスフェスタ出展が迫っているので、のんびり公開するのを待っているわけにもいかず。
1日でも早く始めて更新していかなければ!

でも、文章書くのは小さい頃から (?) 大のニガテ。
なので読みづらいところもあると思いますが、出展情報を中心に書きたいことを書きたいときに。
私らしく、のんびりマイペースに綴っていこうと思います。

あ。 出展予定がなければ、“出展情報を中心に” は書けないんだった(笑!)


月華<つきか> をどうぞよろしく。

tukika01

月華 | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。